生徒がレッスン中にふざけだしたら・・・

投稿日時:2017/01/11(水) 23:35


レッスン中にふざける生徒って、いつの時代もいます。
小学生の中学年から高学年に多くて、たいていが男の子です。(笑)
でもこれって、先生にとっては大きなチャンスでもあります。


私の経験からいくと、ふざけるのには必ず理由があります。
その理由は、大きく分けて2つ。
1つはレッスン内容が簡単すぎるか内容自体がつまらなくて、
時間が余ってしまっているパターン。
もうひとつは、レッスン内容が難しすぎて、レッスンについていけていないのだけど、
それを悟られたくなくてごまかすためにふざけているパターン。
いずれにしても、レッスンが楽しくて楽しくてしょうがない、という状況ではないわけです。


だから、生徒がふざけ始めたら、これは先生がレッスン内容を見直す大きなチャンス!
レッスン内容を徹底的に見直し、その子を釘付けにするくらいのプログラムにするべく、
練って練って練りまくる。
そうすると、結果的にその子はふざけなくなるし、先生に対する信頼感も上がるし、
成績もよくなるし、それに伴ってクラスメイトもやる気が出たり、
一緒に成績がよくなったりするわけです。
そしてそして、先生にとってはそれが経験になるし、レッスンの方法として
新たな引き出しが増えたり、レッスン内容自体が洗練されたりし、
また、その子とのつながりも太くなる・・・・というわけで、
結果的に誰もがハッピーになるんですよね。


さて、ここ最近ふざけ気味だった子も、今日はレッスンに引き込むことができた。
ははーん、なるほど、パターンが読めたわよ!
来週はもっと楽しいレッスンプログラムが作れそうです。