英語子育て 保育園のはじまり

投稿日時:2016/11/25(金) 08:42

娘は1歳になって、すぐに保育園に行かせることになりました。
私が英会話教室を立て上げるためです。


保育園に通い始めるときには、娘の生活は英語一色になっていたため、
英語っぽい単語を発するようになっていました。


マミー(ママ)
ダダ(パパ)
ビー(鳥)
パプ(子犬、わんちゃん)
などなど

*Daddy→ダダ bird→ビー puppy→パプ


なお、それまで私は、英語で会話をしていることを自然に思っていたので、
あえてまわりにそのことを話してはいませんでした。
話して変な目で見られたり、どうして?と理由を求められるのが
いやだったのも事実です。
しかし、娘の言葉を保育園の先生にわかってもらえないのは困りもの。


そこで、入園にあたって、先生におもいきって打ち明けてみました。
先生の反応は・・・ 意外にも好意的💛
「お母さん、すごいじゃないですか!」
の言葉に、ほっとしたのを覚えています。


先生と毎日交換する記録ノートにも、英語に関することを正直に書いていったので、
よき理解者になってくれ、とても心強かったです。


こうして、平日、園では日本語の生活、家では英語の生活、
週末はパパがいるときは日本語の生活、いないときは英語の生活、という
生活パターンがはじまりました。


 

2024年6月

おとな用のレッスンの詳細はこちら
おとな用のレッスンの詳細はこちら