フォニックステストをがんばった女の子

投稿日時:2023/03/13(月) 00:03

Hi, everyone!


今日は、フォニックステストに向けて
一生懸命がんばってくれた
小学3年生の女の子のお話です。



English@Home英会話教室では、
小学1年生~4年生の間に、
アルファベットとフォニックスを
学びます。


こどもたちにとってフォニックスは
英語を読めるようになるために、
またきれいな発音を手に入れるために、
どうしてもマスターしなければならない
登竜門のようなものです。


レッスンの度に少しずつ
新しい文字と音を学び
毎回コツコツと復習しながら
覚えていきます。


だけど、こどもたちにとって
フォニックスを覚えることは
そんなに簡単ではありません。
少しでも違う発音で
その文字を読んでしまうと
Julie先生は○をくれません。


だから、フォニックスのテストの日は、
こどもたちは緊張した面持ちで
レッスンに集まるのです。


そして、先週、
こどもたちはその決戦日に
レッスンに集まりました。


その中のひとりに、
フォニックスが苦手な
小学3年生の女の子がいました。
フォニックスを覚える気は
十分にあるのに、
覚える要領がつかめなくて
なかなか覚えきれないのです。
やる気とはうらはらに
上手に覚えられないその子は
時に涙してしまうことも・・・
それでも、決してあきらめません!


そして、その女の子は、
テストの日、ようやく
なんとか満足のいく結果を
残せました!
覚えきれていない文字も
まだまだある。
だけど、努力は報われました。
その女の子は、満足した顔で
English@Home英会話教室を
後にしました。


私は、ほっとしました。
そして、その子がとても貴重な
成功体験を得られたことに、
本当にうれしく思いました。
このような成功体験が積み重なって
どんどん覚える要領もよくなって
自分に対する自信になっていってくれればと
願っています。


Amber、がんばったね!
これからも、期待しているよ♡


Julie

2024年2月

おとな用のレッスンの詳細はこちら
おとな用のレッスンの詳細はこちら