プチ留学で立てるべき目標

投稿日時:2021/05/23(日) 11:20

Hi, everyone!
今日は留学についてお話したいと思います。

英語を習っていると、
いつか留学したいな、と思うときが
来るかもしれません。
おうちの方であれば、
お子様に留学させたい、と
思うでしょう。

そして、一番はじめに考えるのが、
夏休みなどを利用した

10日~3週間程度のプチ留学。
いきなり1年も留学となると
なんだか不安だし、
すべてセットになった留学ツアーであれば
いざというときに安心ですよね。

私も、一番はじめとしては
プチ留学がおすすめです。
しかし、何も目的なしに行くのは
ただの観光になってしまい、
あまりにももったいない!

だから、大人たちは、
留学に行くのだから、
何か目標を持ちなさい!と言う。
だけど、海外に一度も
行ったことのない人、特にこどもが
どうやって目標を立てるというのでしょう。
私は、これはかなり無理な話だと思います。

そこで、今日は、
こんな目標を立てたら
いいんじゃないか、という提案を
年齢別にリストアップしてみたいと
思います!

 

1.小学生の目標

小学生の場合、
英語の上達を目指すのではなく
人や文化に目を向けて、
その発見を忘れないようにしておくと
良いと思います。

小学生の場合は、
できれば日記などが良いとは思いますが、
慣れない環境で日記を毎日書くということは
負担が大きい場合もあります。

そこで、今日はじめて挑戦したこと、
または日本と違うと発見したことを3つ、
そして、明日やってみたいことを1つ
メモに取る、というのは
いかがでしょうか。

●今日、はじめてKevinに"Hi"と声をかけてみた
●アメリカでは案外、はしを使える人が多い
●明日は、日本の歌を歌ってあげたい

などなど、
どんな小さなことでもいいのです。
書いておくと書かないでは大違い。
毎日の発見ややりたいことを
大切にしましょう。

そして、おうちの方は、
せっかくこどもを留学させるのだから、
英語が上達するんだと
期待されていると思います。

ですが、残念ながら、
小学生レベルの英語では、
数週間で上達を期待するのは
正直難しいです。
しかし、小学生のうちに
海外の空気に触れるということは
お子さまにとって、
かけがえのない経験になります。

英語の上達よりも、
お子様がひとつ成長して
帰ってきてくれることを
ぜひ期待してあげてくださいね。

 

2.中学生の目標

現地の人と一緒に楽しむ


中学生なら、
留学前に、自分が現地の人に
見せてあげられるものや、
教えてあげられるものを
一緒にできるものなどを
ひとつ準備していきましょう。

楽器ができるなら、
その国の国家を弾けるように
練習しておくのはいかがでしょうか。
同年代の子へは
いま流行りの曲を一曲
サビだけでもいいので弾けると
きっと盛り上がりますね。

日本のゲームを教えてあげても
いいですね。例えば、
オセロは日本発祥のゲームです。
ルールも難しくないので
きっと一緒に楽しめると思いますよ。
ただし、ルール説明は
まあまあ難しいかもしれません。
ジェスチャーを存分に使いながら
説明できるように準備していきましょう。

 

今日覚えたフレーズを書き留めておく

また、もうひとつの提案は、
今日覚えたフレーズや
今日言われてわからなかったフレーズ、
相手の反応がおかしかったフレーズなどを
書き留めておくことです。

●どこかの場所がわからないときは、
 とにかく"Where is "から始めれば
 なんとかなることがわかった。


●今日、"What’sup?"と言われたから
 "I'm fine. Thank you."と言ったら
 ちょっと変な顔をされた。
 "What's up?"と"How are you?"は
 意味が違うのか?

 

3.高校生の目標

高校生ならば、
上の中学生の目標に加えて
ぜひ動画を取ってもらいたいです。

"This is my classroom.
 This is my friend, John.
 This is my teacher."

"I like this dish, 〇〇.
 This is very popular here."

というように、
なにもすばらしい英語で
説明する必要はありません。
中学英語で十分です。

中学英語なら楽勝だとしても、
動画を取りながら
英語で話して説明するって
なかなか難しいですよ~。

また、どうしても日本語が
でてきてしまうようでしたら、
もしくは
もう少し詳しく説明したいのに、
英語オンリーではできない場合は、

"This is my classroom.
 毎日快適に勉強できています。
 This is my friend, John.
 こいつ、結構いいやつで、
 毎日バカやってます。"

みたいに、
まずは英語で言って、
日本語で詳細を説明する、
というパターンでもいいでしょう。

いずれにしても、
堂々と説明できるように
ぜひがんばってみてください。



Julie先生からの提案は、
以上です!
今はとても海外へ行ける
状態じゃないけど、
プチ留学できる日は
そんなに遠くない、と信じています。

それまでは、日本でコツコツと
英語力をアップさせ、
海外へ行ける日を
楽しみにしていましょう!