「日本から出たくない」こどもたちへの 大作戦!!

投稿日時:2021/05/15(土) 13:01

Hi, everyone!
今日は、
日本が大好き!海外は怖い!日本を出たくない!

というこどもたちのお話をします。

が、その前に、
少しだけ私の生い立ちをお話しますね。

 
 

1.Julie先生の生い立ち


私は高校生の頃から、
私の両親は父の仕事の関係で
ベルギーに住んでいました。

毎年夏休みになると、
私は弟と一緒に、
またはひとりで飛行機に乗って、
ベルギーまで両親に会いに行っていました。

不思議と、飛行機に乗るのが
不安に思ったことはありませんでした。

当時の私は、英検でいくと2級程度、
TOEICで言うと600点くらいの英語レベルで、
それほどたいしたレベルではなかったのですが、
若気の至りといいますか、
自分は英語が話せると思い込んでいたため、
不安には思っていなかったんです。

(のちに、大学生のころにアメリカに留学し、
自分の英語のレベルの低さに
愕然となるのですが・・・笑💦)

まとめると、
私は若いころから世界が近い環境下にいたため、
飛行機に乗って外国へ行くことは
大変なこととは思わず、
それどころか両親に会える楽しみのイメージと
強くリンクしていて、
海外へ行くことはワクワクすること
として育ってきた、
といういきさつがあります。

 
 

2.現在のJulie先生


そして今、
私は世界の国々を見て回るのが大好きです。

自分とは視点が違うおもしろい人々に会ったり、
いろんな文化や生活を知ることが楽しいからです。

自分の知らない世界を知ることって、
本当にドキドキワクワクするんです。

だから私は、外国を思い浮かべたときの
ドキドキワクワク感を、
私の生徒たちにも思い描いてほしいと
願っています。

 
 

3.海外へ行きたくないこどもたち


それで今日の本題に入っていきますよ!
(前置き長いよ~、という声が聞こえてきそう💦)

今日の本題は、
「日本から出たくない」
というこどもたちのお話でしたね。

実際に私が小学生低学年の生徒たちに
"What country do you want to go?"
(どの国に行きたい?)
と聞くと、
半数またはそれ以上の子たちが、
「日本がいい」
「日本から出たくない」
というように答えてくるんです。

外国と言えば、
自分の知らないキラキラとした
わくわくどきどきのワンダーランドの
イメージであってほしいのに、
なぜ「日本を出たくない」になってしまうのか・・・?

 

①海外のことを知らない

察するに、一番大きな原因は、
海外のことをあまり知らない
ということだと思います。

人は、
よく知らない、わからないことに対しては、
警戒心を抱きますから、
海外の楽しい話を頻繁に聞かなければ、
「外国=よくわからなくて怖い遠い世界」
と認識してしまいますよね。

②英語を上手に話せない

2つ目は、
英語がまだよく話せないということ。

確認ですが、今お話しているのは、
小学生低学年のこどもたちのことです。
だから、レッスンで習っていることは、
本当に基礎のキソの部分です。
そりゃ、海外でひとりで言葉だけで
意思疎通しようと思ったって、
無理があるでしょう。

ですが、こどもたちは、
海外でたったひとりぼっちで、
自分の英語が通じなくて、
「えーーーと、えーーーーと💦」
となっている自分を
想像してしまっているのかもしれません。

 

③日本が快適すぎる

3つ目は、
やっぱり日本が快適だということが
原因ですよね。

海外に出れば、
日本の良さは肌身にしみて感じるのですが、
海外に出なくたって、
日本は住みやすくていいところだということは、
こどもたちだって知っています。

もしかしたら、
毎日楽しく平和にくらしてい子ほど、
外に行きたくないと思うのかもしれませんね。

 

④おうちで作られる先入観

そしてそしてもうひとつ、
原因として考えられるのは、
ご家族のだれもがあまり海外に縁がなく、
さらに親はなんとなく
海外や外国人に苦手意識があり、
家庭内での会話の端々に、どうしても
「海外は苦手」
「外国人は怖い」
というニュアンスが
無意識のうちに出てしまっている・・・
こういうパターン、あると思います。

 
 

4.レッスンでおこなっていること

私は、
そのような答えを聞くたびに、
(あー、もっと海外のことを
 伝えていかなければ!)
と実感します。

そして、レッスンでは、
なるべく機会を見つけて、
私が実際に海外で体験したことを、
おもしろおかしくお話しているのです。

おうちの方々にも、
機会がある毎に、
海外のリアルをお話しています。

こうやって、こどもたちには、

「海外は身近なところだし、
 外国人は怖くない。」
「みんな一緒なんだ。
 だけど、日本とは違うところもたくさんある。」
「そっかー。行ってみたいなー・・・。」

こんな風に思ってくれることを
心から願っています。


こどもたち、目を開けてごらん!

きみたちの世界は、広いんだよ!!!