Julie先生は、きみたちのかわいさにメロメロです<キッズクラス>

投稿日時:2021/01/19(火) 01:29

 
Hi, everyone!
今日はキッズクラスの出来事をお話します。



月曜日のキッズクラスは、男の子と女の子ひとりずつの年中さんクラス。
英語を耳と体で楽しんでくれるこどもたちの笑顔に、毎回癒されております。


さて、ちょっと前に習った天気の単語。smiley
sunnyrainny, cloudyはもう頭の中にしっかり入っているけど、
ちょっとwindyが定着しきれていないかなー。。。と思ったので、
今日はJulie先生、今日のレッスンにうちわを持ち込みましたよ。


まずレッスンのはじめに天気の話をして、
とにかくうちわでブンブン子供たちを扇ぎ、”windy”と連呼しておりました。
windyの単語を、こどもたちの脳に焼き付けるのだーーーー!
また、感情を表す単語の surprised(びっくりしたの意)を練習するときも、
突然後ろからうちわで風を送って、

”Surprised? Windy, hahaha!”
(びっくりした?風強いね、ハハハ)

などと言って笑いあっていました。


キッズクラスでは飛んだり跳ねたりするので、
よくクラスルームの熱が急上昇するのですが、
今日もレッスンの途中でこどもたちが ”Hot!”と言い出したので、
すかさずまたまたwindy攻撃。
気持ちよさそうにしていたので、”Happy?”と聞くと、“Yes!”と。


大人だとちゃんとした文をつくろうとして、頭がいっぱいになっちゃって、
結局一言も口に出てこない、という現状が起こることもあるのですが、
こどもたちはいいですねぇ。
単語だけでしっかりと会話が成り立ってしまいます。


ちなみに子供たち、surprisedscaredに関しては認めたくないらしく、
後ろからワッと脅かして、”Surprised?”(驚いた?)と聞くと、
”Not surprised!!!!”(驚いてないもん!)と。
サメの絵を見せて”Scared?”(怖い?)と聞いても、
”Not scared!!!!!”(怖くないもん!)ですって。
いやいや、そんなにムキになると、かわいいじゃないですか。
Julie先生、きみたちのかわいさにメロメロです。