とびっきりのハロウィーンレッスン🎃

投稿日時:2020/11/26(木) 16:38










Hi, everyone! 
今日は、ハロウィーンレッスンで起こったできごとを
お話したいと思います。

そのクラスは、小学生4年生4人組のクラス。
年長さんのときからずっと一緒で、
ノリノリで楽しむときは楽しむ、
まじめにがんばるときはがんばる、
というメリハリのあるすばらしいクラスです。

毎年のハロウィーンレッスンでは、
ハロウィーン🎃にちなんだ
ゲームやアクティビティをして、
こどもたちはみな楽しみにしているのですが、
今年は残念!

3月4月にコロナ感染防止のための
長期休みを取ってしまったため、
カリキュラムが遅れていて、
ハロウィーンレッスンができないことを
伝えてありました。

でも、こどもたちは全然悲観的にならず、
「でもコスチュームは着てきていいんだよね?」と
目を輝かせて言うので、
私も
「もちろん!先生もハロウィーンTシャツ着るからね。」
と約束していました。
(この会話は、すべて英語で行っています。)

そして、当日。
みんなはりきって仮装してきてくれました。
フェイスペイントしたり、
手作りコスチュームを身に着けてきてくれたり、
みんな興奮しまくりです。

歯に牙をつけて、
特殊メイクで来てくれたHちゃんも楽しそう。

なのですが、
みんなで写真を撮った後しばらくしたら、
歯に違和感を感じたらしく、
写真を撮った後にすぐに牙を取り外していました。


それでも、違和感が取れなかったらしく
自分でも原因がわからず、どうしていいのかわからず、
レッスンの最中にとうとう泣き出してしまいました。
 

私もみんなも心配したのですが、
原因がわからないのでどうしてよいかわからず、
私はHちゃんママに助けてもらいたいとTEL。

Hちゃんママは歯ブラシとフロスを持って
すぐに飛んできてくれました。

だいぶ長い間ふたりで歯ブラシやフロスで
奮闘していてもらい、
私はその間にもレッスンを進めるしかなく、
やっとHちゃんが返ってきてくれたときは
レッスンも終盤でした。

私はずっと胸が痛んでいました。
せっかくはりきって仮装してきてくれたのに
これでハロウィーンが嫌いになっちゃうんじゃないかと。
楽しんでもらいたかったのに、
これではトラウマが残ってしまうのではないかと。

でも、Hちゃんがクラスルームに戻ってきた瞬間、
拍手と歓声が起こりました。
誰がはじめたという感じではなく、
一斉に拍手が起こりました。

みんなレッスンを進めながらも、
Hちゃんのことを心配していたのだと思います。
私はみんなの温かい気持ちがうれしくて、
彼女を興奮しながら迎えました。





レッスンの後もまだ少し不安で、
報告もかねて私はクラスのママたちに、
今日できごとを書いてLINEしました。

すると、Hちゃんママからは

「半分心が折れてしまった
 Hをおいていっていいのか迷いましたが、
 教室を出る際に
 みんなの拍手や温かく迎い入れてくれる声が聞こえ、
 私もとても感動しました。
 Haileyの中では今年のハロウィンはトラウマではなく、
 お友達や先生の優しさに触れ
 温かい記憶で残るんだと思います。
 ハプニングに負けない
 とてもいい体験をさせていただきました。」

と、なんともうれしいお返事をいただきました。

ほかのクラスメイトのママたちからも、

「そんな温かい事があったんですね。
 読んでで泣きそうになりました😢」

「イベントが少ない今年、
 今日のハロウィーンレッスンを
 すごく楽しみにしていました🎃
 最後は笑顔で良かった💖」

「今回の事を聞いて、
 改めてこの4人で先生の英語教室に通えていることに
 感謝しました💛」

などなど、とても温かいメッセージをいただきました。

英会話講師をしていると、
いつも子供たちの成長が見れて楽しいのですが、
この日のことはとびっきりうれしい出来事でした。

今後もママたちと協力しながら、
こどもたちが伸び伸びと成長してくれるよう、
がんばっていきたいと思いました。

またこどもたちにエネルギーをもらっちゃったなー。
みんな、私の生徒でいてくれて、ありがとう。