高校生、ついに字幕デビュー!

投稿日時:2020/10/10(土) 14:37

Hi, everyone!!

中高生のレッスンではいつも、
レッスンはじめに
”Do you have any news?"
(なにか新しいことはありましたか?)
とたずねて、
先週のレッスン以来あったできごとを
お話してもらっています。


今日は、高校生クラスで話してもらったことについて
ここで紹介してしまいますよ。


その男の子は、久しぶりに映画に行ったそうです。
そして、なんとなんと、字幕デビューをしたそうです。
おめでとう~

正直に言うとね、
Julie先生は、ちょっとだけ驚きました。
というのも、アラフィフのJulie先生は、
映画を見るというと、
字幕で見るのが当たり前だったから。


私が幼かったことろは
日本映画は正直あまりおもしろくなくて
映画を見るというとつまり、
アメリカの映画を見るということだったんです。


それで、そのころは吹き替え版なんてあまりなくて
わたしにとっては

「映画を見る」=「字幕で英語の映画を見る」

だったんですね。


だから、高校生の彼に
「はじめて字幕で映画を見ました!」と言われても
はじめ、ピンとこなかったんですよ。


でも、考えてみたら、そうですね。
だって、今、日本の映画でおもしろいものはいっぱいあるし、
アメリカの映画を見るといえば、
吹き替え版が自由にみられるのですから、
わざわざ字幕で見る人は少ないのでしょうね。


だけど、彼は勇敢にも、字幕デビューしました!
えらいっ!!!
彼の未来は、明るいに違いないです。


だって、彼の頭には、これからナチュラルな英語が
豊富に入ってくるんですもの!


英語のリズムも発音もリスニングも
勝手によくなってくるだろうし、
心に響いたフレーズは一発で覚えられます。
それは、やらされている問題集に出てくる単語を
しぶしぶ辞書で引くことの100倍有効なことです。
そして、自分で英語で話をするときは、
自然にジェスチャーが出てくるし、
表情も表現も豊かに話すことができるようになるんです。
そしてそのうち、
口の動きと言葉が違うことに違和感を覚え
アメリカの映画は英語で見ないと
いられないようになるのです。


カモ~ン!
こちらの世界へようこそ。ふふふ。