本をリサイクル書店に売却するときのコツ!

投稿日時:2020/03/16(月) 00:13

前のページに引き続き、
このページでは
「本をリサイクル書店に売却するときのコツ!」
をみなさんとシェアしたいと思います。


前のページで話したとおり、
今回はダンボール6冊分の本を
リサイクル書店さんに売却しました。
そのことを実例として交えながら、
なるべくわかりやすく解説していきたいと思います。


まずはおおまかな手順から

自分の売りたい本のジャンルを把握する。
       ↓
そのジャンルに強そうな または
 幅広いジャンルを扱っている
 リサイクル書店さんを探す。
       ↓
その書店さんで事前査定してもらう。
       ↓

査定額を参考に、売却先を決める。
       ↓

梱包する。
       ↓

書店に本を送る。



以上!
どうですか?
面倒な人や時間のない人は
1番~3番はすっ飛ばして、
4番から始めればよいと思うのですが、
この1番~3番を行うか行わないかで
売却額が倍以上違ってくるので、
ちょっと手間をかけるといいですよ。


それでは具体的に、いってみよう!


 売却したい本のジャンルを把握する。

   
 今回、私が売りたい本のジャンルは

 *英語の教本・問題集
 *韓国語の教本・問題集
 *日本語の教本・問題集
 *洋書の教本
 *洋書の絵本
 *洋書の児童本
 *洋書の大人向けの本

 でした。



 
そのジャンルを専門的に扱っている、
 または幅広いジャンルを扱っている
 リサイクル本屋さんをネットで探す。


 今回は、そのような本屋さんが
 インターネットで16書店みつかりました。



 
見つけた書店で査定してもらう。


 今回は、1番のリストに記載した
 各ジャンルより数冊ずつ適当に選び、
 計18冊の本を査定してもらいました。

 中には事前査定してもらえない書店さんもあり、
 今回はそのような書店さんは
 売却先の候補から外しました。

 なお、事前査定をお願いする方法は
 ①ISBNの番号のリストをメールで送って
  書店さんに査定をお願いする。
 ②ホームページで、自分で一冊一冊調べる。
  これもISBNを利用。
 この2つの方法が主なやり方です。
 
 今回の18冊の査定結果は
 本屋さんによって1531円~7000円。
 こんなにも査定額が違うのです。
 いかに事前査定してもらうことが大切か
 わかりますよね。



 その結果をもとに、
 売却先の本屋さんを決定する。


 ジャンルによって、
 売却先を変えようと思っていたのですが、
 今回は結局、全体的に
 「みつばち書店」千葉の書店さんが
 非常に高価格の査定をくださったので、
 今回はみつばち書店さんに
 お願いしました。



 あとはひたすら梱包する。

 
ほこりをかぶっているような本も多数あったので、
 固く絞った雑巾で一冊一冊丁寧に拭いて、
 きれいにならべてダンボールに詰めました。
 私にはもう必要ない本でも
 他の人のところで役に立ちますように!

 なお、最終的にはダンボール6箱になりました。
 これ、単身者の引っ越しの量ですよね。




 最後に、書店に送る。

 今回はクロネコヤマトのヤマト便を利用しました。
 通常の宅急便ではなく、「ヤマト便」です。
 このヤマト便、
 ホームページにもだいぶひっそりと載っていて、
 知る人ぞ知るというレベルの配送サービスです。
 ダンボール2箱以上送る場合は、
 「ヤマト便」がお安くて助かります。


これですべてです。
少しはお役に立てたかしら?
ただ捨てるだけではゴミになってしまうので、
楽しみながら少しずつやってみてくださいね。
ではでは~。